「りすのしっぽ」作り

友人保育士に頼まれて、「りすのしっぽ」4個を作りました。12月の生活発表会の劇でつかうそうです。
去年作ったものが3個あるので、それを見本に借りて真似して作ってみました。
b0036804_130567.jpg

本当は、白いラインを入れて、シマリス君にしたかったけど、4個だけそういうことすると、またトラブルのもとですよね。だから、おとなしく、あきらめました。
まあ、お尻につければ、しっぽに見えるでしょう。

新しいミシンですーいすいっと縫いました。
このミシン、本当にすぐれもの。昨日、ミシンやさんが来て、丁寧に使い方を説明してくれました。
糸きりもボタンひとつでバッチリ。押さえ板を上げ下げするのも、ひざのレバーでできるので、いちいち、ミシンの裏側に手をまわすことなく、布に手を添えたまま、方向転換も自由自在。返し縫も自動でセットできるし、線を引かなくても、5mmや7mmの一定の縫い代をキープできる。などなど・・・・・

私は、ミシンやさんのまわしものか?
いえいえ、ただ、新しいミシンに浮かれ、舞い上がっているだけです。
あしからず。
[PR]

by yukko_toy | 2004-11-23 23:53 | 制作こぼれ話