キット製作

頼まれていた「マシュリング・ぞう」の手作りキットを揃えました。
今回から、ぞうの耳は、水色のフェルトをやめて、大きいぞうと同じように胴体と同じスムース生地を2枚縫い合わせたものを使うことにしました。
耳のように出っ張った部分は、赤ちゃんや小さな子どもは、必ず引っ張ったりくわえたりするものです。フェルトでは耐久性に不安があったので、変更しました。

ところで、8月に友人が「ぞう」のキットを一つ買ってくれました。小学5年生の娘さんRちゃんの夏休みの工作にするということで。
Rちゃんは、手芸が大好きな女の子。去年の夏休みは一緒に1日掛かりで、パッチワークのランチョンマットも作りました。その時、すでに、玉止めや、波縫いなどの基本的なことは一通りできていました。
その後も、お人形の服を作ったり、とうとう自己流で自分の服まで作ってしまったり・・・。
今回の「ぞう」も自分で説明書を読みながら、作ってみたそうで、完成品を見せてもらいました。とっても、上手にできていました。目や耳のアップリケもきれいだし、リングもかわいくできていました。私もうれしくなりました。
[PR]

by yukko_toy | 2005-09-06 17:28 | 制作こぼれ話