ざらざらぞうさん

ゆっくりしようと言いながら、けっこう作ってしまいました。
それもまた良し。

写真は「ざらざらぞうさん」です。
b0036804_16231699.jpgナイロンタオルを使っています。わざわざ「硬め」を選んでます。
ナイロンタオルだけでは、隙間が多くて色が薄くなってしまうので、水色のフェルトを重ねて縫っています。
今回は台布をピンクにしたので、今までピンクだったゾウを水色に替えてみました。このほうが落ち着く気がします。そりゃそうかな。ピンクのゾウじゃあね。

周囲をまつり縫いにしています。
ほかのアップリケも手縫いが基本です。
そのほうが、アップリケが浮き出て見えるような気がするのですが、どうでしょう。
ただ、ミシンで細かいカーブをきれいに縫う技術がないだけかもしれませんが。
でも、手縫いには手縫いの味わいがあって、時間はちょっとかかっても、いいものになるとは思います。
それに、手縫いは結構好きです。丁寧にやれば、やっただけの仕上がりになるところが励みになります。自己満足ですが。

目はぬいぐるみなどに使う「目ボタン」を使っています。
取れた時の誤飲が心配ですが、普通の玉止めではなく、裏に出た糸同士を結びつけることで、引っ張ったくらいでは抜けないようにしています。
[PR]

by yukko_toy | 2006-01-27 16:25 | 制作こぼれ話